おはようございます!だいぶ朝晩涼しい?気がします。

昨日も一日中書いていて、書き損じた半紙の裏に

筆ペンで『月儀帖』を落書き。

みなさんデスク周りにはペンが一本や二本はありますよね口笛

(手書きをしなくなった方も、さすがにメモくらいたまにはとるでしょ?)

昨日、「かなの紙は滲みにくく裏にうつらないんですよー」という話を書きました。

今日はその裏をもう一度使うことができるというお話。

 

 

仮名用の紙もたくさん種類があります。

ツルツルであぶらとり紙のように見えるものもあれば

練習用のものまで。

表はツルツルしていて滲みにくいということは、お掃除用にも不向きです。

主に私は「表ツルツル裏ザラザラ」のものをたくさん使っているので

写真のように裏に書くこともできます。

もちろん裏はお掃除にも使えますウインク

紙はいくらあっても足りなくて、、コスト・資源削減のためにも両面利用し、最後に掃除に使う3度使いでゴミ箱行きです。

お家書道を楽しむために、

賢くお買い物をするのも手ですね!

 

持ち運べるお道具も良いけど、

お家では陶器の墨池を用意してみたり、

代わりに使わなくなってしまったお茶碗を使っても良いものですおねがい

自分なりの活用でお洒落にモチベーションを上げてみてください。

もちろん手軽に筆ペンも楽しいですよ!!